ハゲが始まる年齢とは

Home » 年齢で見るハゲ方 » ハゲが始まる年齢とは

ハゲが始まる年齢とは

ハゲが始まる年齢とは

ハゲと聞くと男性に多く見られる状態で、高齢になるにつれて薄くなり地肌が見え始めるという経過をたどる人と、働き盛りから薄くなり始める人などいろいろな方がいます。
では、何歳ぐらいからその状態が見られるようになるのでしょうか。
ハゲが始まる年齢についてまとめてみました。

ハゲには、食生活やライフスタイルの変化が大きく関わっています。
具体的には、肉中心の高カロリーの食事を多く摂取するような食習慣やストレスの多い生活、夜ふかしやそれに伴う睡眠不足等により、薄毛が誘発されてしまいます。
なので、早くに禿げてしまったり、高齢者になってもふさふさとした髪の毛を保つことができたり、人それぞれのライフスタイルで違いが生じてくるということです。

薄毛に関するある統計によると、20代では6%ですが、30代は既に12%と2倍になります。
そして、40代で32%、50代で44%、60代で51%、70代で61%というように確実に薄毛になる割合が増えるという結果が得られています。
これは予想通りの結果と言えますが、若い人ほど社会人としてのストレスや、仕事がらみのことなどが関係してくることも可能性として考えられます。
また、若い時の暴飲暴食などの乱れた生活習慣を繰り返すことも影響している可能性があるでしょう。

ハゲ方にもいろいろあり、生え際がハゲている場合や、後退しているだけの場合など全てを含めたハゲの統計なのか、それとも完全にハゲている場合の統計なのかについては定かではありませんが、少し気になり始めた程度のものを含めるとかなりの割合になることが考えられます。
日本は、薄毛大国とも言われているほど、東アジアの国に比べて薄毛の人の数は多い傾向。
そして、一度薄毛になってしまうと、なかなか元の状態に戻すことが難しくなってしまうのも事実。
「若いから大丈夫」などと油断しないで、まずは、自分でできることから考えていくことが大切になります。
年齢は関係なく、いつ始まっておかしくないのがハゲです。

The following two tabs change content below.

年齢で見るハゲ方編集部

はげについてたくさん知りましょう。色んな知見があることで、対策の幅が広がります。

最新記事 by 年齢で見るハゲ方編集部 (全て見る)

年齢で見るハゲ方