50代のハゲの特徴と対策

Home » 年齢で見るハゲ方 » 50代のハゲの特徴と対策

50代のハゲの特徴と対策

50代のハゲの特徴と対策

50代となると、髪の毛がふさふさと残っている方と、バーコードのように寂しくなってしまった方や既にツルツルのハゲ状態の方などがいり混ざっている年代かもしれません。
できれば、ふさふさとした髪でいたいというのが理想でも、実際に自分の姿を鏡で見ることで、ショックを受けている方も多くいることでしょう。
そこで、若い頃とは違った50代のハゲの特徴などについてご説明いたします。

薄毛やハゲの原因としてあげられるのは、どの年齢でも共通していうことができますが、乱れた生活習慣を始め、ストレスや喫煙、運動不足などです。
しかし、50代のハゲは、そのようなことばかりではなくて、ストレスにより男性型脱毛症を引き起こす場合があることが分かってきています。
男性型脱毛症は男性特有のハゲで、酵素の5aリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結びついて出来たジヒドロテストステロンというものが、毛母機能を弱めてしまうことにより起こる脱毛症で、老化現象による様々な機能の低下や、仕事に対するプレッシャーなどにより、ホルモンのバランスを崩してしまうことが大きく影響しているともいわれています。

生活習慣の乱れ等については、カロリーの高いものを控えたり、十分な睡眠を心がけたり、適度な運動や頭皮に対するマッサージなど、血流をよくするために自力で取り組むことができるものもあります。
しかし、男性型脱毛症については、ストレスを和らげるだけではどうすることもできません。
そこで、専門の医療機関を利用することを検討してみるのもひとつの方法。
相談から治療まで受けていくことができますので、一度相談してみるのもよいでしょう。
恥ずかしいという気持ちはあるかもしれませんが、そのようなことを考えている場合ではありません。
まず、自分のハゲをどうしたいのかということをしっかり考えて、ハゲてしまった部分にふわふわと自分の髪の毛が生えてくることを想像しながら、勇気を出してはじめの一歩を踏み出しましょう。

The following two tabs change content below.

年齢で見るハゲ方編集部

はげについてたくさん知りましょう。色んな知見があることで、対策の幅が広がります。

最新記事 by 年齢で見るハゲ方編集部 (全て見る)

年齢で見るハゲ方