40代のハゲの特徴と対策

Home » 年齢で見るハゲ方 » 40代のハゲの特徴と対策

40代のハゲの特徴と対策

40代のハゲの特徴と対策

40代は、生活習慣や代謝、免疫力の低下などを含めた老化現象が進み、食い止めることができなくなってしまうハゲに移行していきます。
薄毛であれば、少し気になる程度で済んでいた部分も、O字ハゲやM字ハゲというようにハゲの種類までもが、明らかになってしまいます。
まさかと気づいたときには、もう手遅れになっている可能性があるため対策が必須。
そこで、具体的な特徴などについてご説明いたします。

40代は、今まで少しづつ進行してきた薄毛が一気に進行してしまうことにより、自分で自覚せざるをえない状況に追い込まれます。
若さゆえの生活習慣に留まらず、男性型脱毛症からくる割合がグッと増えてくるのです。
世間的には、年齢が上がってくると仕方ないものと言われることもありますが、さすがに自分の身に起こってしまうとショックを隠しきれないのも事実。
だからといって諦めたり、考えているだけでは何もかもが暗くなってしまいます。
なってしまったことはしっかりと受け止めて、前向きに考えていくことをおすすめします。

まずは、生活習慣ですが、バランスの良い食生活に心がけ、睡眠もしっかり取るということに気をつけることが基本となるでしょう。
そして血流が悪くなると、髪の毛の育ちにも影響を及ぼす可能性もあり、薄毛につながってしまいます。
ですので、血流をよくするためには、頭皮のマッサージを行ったり、適度な運動を行うことも大切。

40代から最も多くなってくるのが男性性脱毛症ですが、これは5aリダクターゼ(酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が結びついたジヒドロテストステロンというものが、毛母機能を弱めてしまうことにより起こる脱毛症です。
なので、髪の毛の成長期が短くなり、細くて短い毛ばかりになってしまうことから薄毛の症状が現れてしまいます。
とにかく自分で出来ることは、いろいろな方法を用いて行ってみましょう。
自力では難しいことも、サプリメントや育毛剤が販売されていますので、試してみるのもおすすめです。

The following two tabs change content below.

年齢で見るハゲ方編集部

はげについてたくさん知りましょう。色んな知見があることで、対策の幅が広がります。

最新記事 by 年齢で見るハゲ方編集部 (全て見る)

年齢で見るハゲ方